step08 滑川×商品開発(3)

「持続可能な地域ブランド」

地域ブランドプロジェクトでは、全体としての雰囲気が先に定められ、「**を使った商品」「**っぽい商品」「**という名称を使う。」という事業者の課題を無視したゴールが設定されがちです。また、デザイナーと自称する方が提案してくる「おしゃれでかわいいもの」「奇抜なアイディア」は作り手の課題を解決しようとされてきたでしょうか?
我々はどちらでもなく、滑川市内の事業者の課題を解決できる新商品を作ることで、事業者さんの届きたい未来へのサポートを行いました。
地域の事業者の皆さんが自分たちの描く未来に向かって真っすぐ成長されること。成長された集合体のくくり方が地域ブランドであると考えます。

「作ることがデザインではなく、事業者の課題を解決することがデザイン。」

持続可能な商品を開発するときは、作ってから販売方法を考えるのではなく、届けたい顧客に届くような販路を見据えて形を作ることが大切です。そして課題を解決するために望む方向に進めるエネルギーになる商品でなければなりません。
この思いを共有することができたセメントプロデユースデザインさんの協力のもと5つの商品をデザインしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です