N+D=!の狙い

ヴィジョン

滑川らしい、賑わい(人と人の関わりの積み重ね、その密度)を100 年後も維持、発展させる。

<そのためにー中長期ー>

・人口減少を少しでも緩やかにする必要がある。(社会減の緩和、子育て世代の増加)

・滑川らしい場所に人と関わることのできる「場」を整える必要がある。(暮らしと仕事の集約)

<そのためにー短期ー>

・転出超過しているところから人を呼び込む。 (人の還流 UIJターンを創出する)

・市民、滑川に興味を持つ人が集まる「仕組み」をつくる必要がある。 (資本の還流 雇用、事業を創出する)

<そのためにー2016ー>

・大都市圏に滑川はワクワクすることをしていると売り込みに行き、興味を持ってもらう。(滑川の認知度向上)
ターゲット:大都市圏に出て行った子育て世代、またはそれより若い元県民、地方移住に興味を持つ起業家
事業   :商品開発、大都市への販売活動、異業種交流会、滑川型コワークの設立、その他事業の広報活動

・市民の皆様に滑川の可能性を知って頂く事で、地域への愛着を増やす。(地域ブランディングの種づくり)
そしておらっちゃのマチにはこんなモノ、コト、ヒトがいるんだ!と話せる営業マンになって頂く。
ターゲット:滑川周辺に今住んでいる皆様、働いている皆様。
事業   :ホタルイカソン、コンペティション、企業の技術やこだわりを伝える広報事業、ワークショップ

・市内企業が自社の持つ技術を知らしめるための商品開発を行う。 (稼ぐ力の増幅)
市内外のベンチャー企業、これから起業を狙っている人材の支援を行う。
ターゲット:滑川周辺企業、起業家
事業   :商品開発、異業種交流会、滑川型コワークの設立

N+D=!の考えるデザインとは。

そして地域活性化とはどんな状態を指すのか、という目標です。

これは読ませていただいた本の言葉ですが、
「域外から資本を稼ぎ、域内で循環させること。」
×
「資本はエネルギーである」

エネルギーを集め、高め続けること。が活性化。